コンテンポラリーバレエ

 

京都コンテンポラリーバレエ オープンクラス(月曜日 19h15-20h30@第二スタジオ)

レッスン料:

1レッスン 1800円

月単位のお申込み 6000円

32吉本渚先生プロフィール:

3歳より有馬バレエにてクラシックバレエを学ぶ。

パリ・オペラ座のエトワールと共演する等、京都バレエ団(旧有馬龍子バレエ団)の数々の公演に出演する。

2012年、「天満・天神バレエ&ダンスフェスティバル」エキシビション出演。

2013年、ルーマニア・ティミショアラバレエ「眠れる森の美女」ソリスト出演。

同年渡仏し、ブーローニュ=ビヤンクール・コンセルバトワールにてコンテンポラリーを、ムードン・コンセルバトワールにてクラシックとコンテンポラリーを学び、翌年、二つのコンセルバトワールを首席で卒業

現在もクラシックバレエを踊りながら、バレエの本場フランスでの学びを活かした様々な活動を行っている。

651c37_f294bd5e85454ed1953eaf960acbe67e

主な賞歴:

「第15回フランス・トゥーロン国際コンクール」第1位 イタリアバレエ学校スカラシップ受賞

「第30回フランス・ヴァランス全国コンクール」第1位 カンヌ・ロゼラ・ハイタワー学校スカラシップ受賞

「第7回エデュケーショナルバレエコンペティション」第2位

 

32-2コンテンポラリーとは、現代的なという意味。
外股、爪先立ちで決められたポジションで踊り、優雅に軽く夢の世界を演じるクラシックバレエとは違い、床で転がったり、バランスを崩したり、型にはまらない自由な動きで、現実的な感情や出来事の世界を表現する踊りです。
重力、呼吸を上手く利用し、頭のてっぺんから足先まで、顔の筋肉も含め全身を使って大きく開放的に動いていき、筋力、バランス力、柔軟性などをアップして頂くことが期待できます。

レッスンでは、コンテンポラリーの基礎となる立位、座位、床での動きを習得し、動きをどう表現に生かしていくかのプロセスを段階的に習得して頂くことで、自分の表現したいことが身体から溢れ出て即興的にも動けるようになるというのが目標です。
難しいのではと思われるかもしれませんが、踊ること、表現することが好き、興味があるという方であれば、大丈夫!

コンテンポラリーは単純な動きも多いうえ、自由に動くのが何よりも大切。
誰もが魅力的で素敵な表現ができるようになると思いますし、そうなって頂けるようなレッスンをさせて頂くつもりです。

クラシックバレエの経験がある方にはもちろん、ダンス未経験の方もどなたでも参加して頂き、コンテンポラリーの魅力を知っていただきたいと願っております。

吉本渚先生のホームページはこちら